授産商品販売促進事業

弊センターが運営を受注した奈良県の授産商品販売促進事業は

①事業所が製造・製作した品物の販売会

②事業力強化セミナー 

③商品アドバイス会

の3項目で,その中の販売会を「障害者応援フェア『特選市』」として実施しています

また,令和2年度からは障害理解促進イベント開催事業も併設して実施しています。

「無添加」「手づくり」「自家栽培」の商品を取りそろえた販売会です。

 障害者の方々が丹精込めて作った品々で,おいしいお菓子やケーキ・雑貨など盛りだくさんの商品を販売して,自立支援に役立てるバザーです。ガラガラ抽選会などのお楽しみイベントも開催しました。
令和3年度は4会場での実施が計画されました。

  • 【実施日・会場】
  • 第1回  7月15日(木)〜16日(金) 10時〜17時 イオンモール大和郡山 北小路コート
  • 第2回  9月11日(土)〜12日(日) 10時〜17時 イオンモール橿原 サンシャインコート(特選市は中止)
  • 第3回 11月 6日(土)〜 7日(日)  10時〜17時 イオンモール高の原 平安コート
  • 第4回 令和4年2月5日(土)~6日(日) 10時~17時 エコール・マミ セントラルコート(中止)

■第1回

■第2回 8/25 新型コロナウイルスの感染拡大のため『特選市』は中止となりました。

●同会場で障害理解促進のDVD放映とパネル展示・パンフレット配布をおこないました。

■第3回

☆おなじみの『ガラガラ抽選会』! 1000円のお買い上げで1回抽選できます。豪華賞品をゲットしていただきました‼

☆モール内の5か所に掲示されたヒントを頼りに障害を理解する『調査ラリー』。正解者にはお菓子セットをプレゼント!

☆『身近で使える手話講座』 県聴覚障害者協会のご協力で,楽しく解りやすい講座を実施しました。手話テキストをプレゼント!

☆『ブラインドサッカーに挑戦!』目隠しをしてシュートに挑戦します。用意した120個の景品があっという間になくなりました!

☆様々な障害の種類とサポートの仕方について説明したパネル展示と,県制作の啓発DVD『シルコトカラ』を随時放映しました。

■第4回

🔷1/24 感染拡大を受けて,残念ながら中止となりました。

■事業力強化セミナー

 各分野の専門家を招き,福祉事業所へ新たに導入される法制への対応力強化や販売の拡大を目的に,工賃向上に資するセミナーを開催しています。

令和3年度

  • テーマ:食品の自主回収を回避する製造現場の
        管理手法
  • 講 師:食品安全管理コンサルタント・
        公益社団法人大阪食品衛生協会
        食品検査センター 元理事・
        HACCP普及指導員/吉田 諭 氏
  • 日 時:2022年1月26日(水)13:30〜15:30
  • 場 所:奈良県社会福祉総合センター6F中会議室

🔷感染拡大に伴い,2/24に日程を変更し,Zoomにてオンライン形式で実施しました。

■『実践的 商品アドバイス会』

 11/11(木)に若羽調理専門学校(奈良市西木辻町)において,『実践的 商品アドバイス会』を開催しました。


 講師を同校校長の田中賀洋子先生にお願いして「商品陣容を広げるお菓子作りに挑戦!」をテーマに講義・製造実習・各事業所で現在製造されているお菓子へのアドバイスをおこなっていただきました。

 県内の7事業所より8名が参加し,マドレーヌとフリアンの製造を実習・試食の後,各事業所で作っているお菓子のプレゼンテーションをおこない,先生にアドバイスをいただきました。事業所どうしの交流も盛んにおこなわれ,予定時間をオーバーする盛況ぶりでした。

障害理解促進事業ではイベントを開催

障害者が社会の一員として不自由なく活動できることを目ざして社会インフラのバリアフリー化が進められていますが,健常な人のとって障害の特性やサポートの仕方などを体験を交えて理解をしていただくイベントを開催しています。詳しくは『第3回はたらく障害者応援フェア』をご覧下さい。